砂糖の代わりにオリゴ糖を使うだけで便秘知らずの身体に

オリゴ糖は甘味料の1つです。

 

砂糖などの代わりに使用できるものですが、オリゴ糖は、便秘がちな人の便通を整える働きがあると、注目をされています。また実際に便秘の人が継続的に摂取していることも多いのですね。では、なぜ便秘の人にオリゴ糖はいいのでしょうか?

 

オリゴ糖には種類があるの?

 

オリゴ糖には約20種類のものがあります。その中でも腸まで届いて、便秘改善に役に立つのは数種類なのです。そのためオリゴ糖入り!と商品に書いてあっても、何のオリゴ糖であるのか、ちょっと気を付けて注目をする必要があります。腸に良い影響をもたらすと言われるオリゴ糖は、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖です。

 

何故オリゴ糖がいいの?

 

オリゴ糖の中にも胃で消化分解され、腸まで届かないものや熱に弱いものもあります。しかし上記に挙げた3つのオリゴ糖は熱にも比較的強く、しっかり腸まで届くものなのですね。そして腸まで届いたオリゴ糖は、腸の中に住んでいる腸内細菌であるビフィズス菌などの餌になるのです。オリゴ糖という餌を食べてビフィズス菌は、どんどん増殖をするのですね。つまり腸の中の善玉菌と呼ばれるものが増えるので、便秘解消に効果があるのです。

 

便秘の人の腸はどのような状態になっているの?

 

便秘の人の腸内は、比較的腸内環境も善玉菌が少なく、悪玉菌が多い状態に傾いています。悪玉菌が多くなると、腸の動きが鈍くなります。腸の動きが鈍くなると、便が動いていかなくなるため、とどまった便から有害なガスなどが発生し、体全体に影響します。

 

便秘はどのような症状を引き起こすの?

 

腸内にガスが発生すると、肌荒れを起こしたり、頭痛がしたり、だるさが起こることもあります。それでも日常生活に問題がなければいいのですが、それが慢性化すると便秘も更に悪化し、体の不調も多くなります。

 

オリゴ糖を取るとどうなる?

 

腸内細菌で悪玉菌がふえるのと便秘の悪循環を助けてくれるのがオリゴ糖です。オリゴ糖をとると善玉菌がふえるので、腸内環境の改善に効果があるのですね。そして腸の動きがだんだん良くなってくるので、便秘の解消が期待できるのです。

 

オリゴ糖というのは、便秘解消の即効性はありません。しかし毎日の習慣にして摂取していると、段々と腸内環境の変化がみられるために、自然と便秘知らずの身体を作ることもできるようになるのです。砂糖の代わりにオリゴ糖を使うだけでもいいので、簡単で便秘解消におすすめの方法です。